fc2ブログ

「エミール・ガレ」のマルケトリー(象嵌)のテーブル

20210606_132314s-.jpg

20210609_105821s-.jpg


来月、7月14日水曜日からサマーフェアを予定しています。
新着のドームのテーブルランプやエミール・ガレの花瓶、バカラの色々な器などを見て頂けます。中でも、是非この機会にご覧頂きたい作品があります。

それは、「エミール・ガレ」のマルケトリーの植物文を大胆に配したマホガニーの2段テーブルです。
ガレはガラスの芸術家として有名ですが、軟質陶器の食器やポットなども一時期製作していました。

IMGP6244_LrC04s-.jpg

IMGP6278_LrC06s-.jpg

上の2枚の写真はフランス「ナンシー派美術館」所蔵のガレの作品です。
又、ガレは、ガレ特有の大胆なデザインのマルケトリーのテーブルや棚、ベッドヘッドなどの家具も数は少ないのですが製作していました。
以前フランスのナンシー派美術館を訪れた際、1階の展示室で、まるでゆりかごのような愛らしく美しい(実際、私も娘も説明を読むまで、ゆりかごと信じて疑いませんでした。)マルケトリーの「植え込み箱・フローラマリーナ、フローラエクゾティカ」を見、
2階中央の展示室で蜻蛉のベッドヘッドやビューローを見て以来、いつかクレマチス店内に「ガレのマルケトリーの家具」を飾りたいと思っていたのです。

IMGP6127_LrC1s-.jpg

IMGP6129_LrC00s-.jpg

IMGP6146_LrC00s-.jpg

それは、夢とでもいうような、「ガレの家具を展示する。そんなことができたら素敵だろうな。」という私の希望でした。そして、それが今回現実のものとなりました。
ガレが家具工房を設立したのが1886年のことです。1888年のコペンハーゲンでの国際産業美術展には、ガラスと陶器の作品と共に家具を幾つか出品しています。縁あってクレマチスにやってきてくれたガレのテーブル。どんな時代をどんな風に、どんな人たちと過ごしてきたのでしょうか。

IMGP6134__LrC_s-.jpgb

上の写真のテーブルはナンシー派美術館に展示されていたものです。

2G5A9467_LrC1s-.jpg

そしてこのテーブルが、今回クレマチスに届いたテーブルです。2段のテーブル面それぞれに、大胆な構成で植物のマルケトリーが施されています。「今の仕事をしていなかったら、僕は田舎で植物学の教師でもしていたと思う。」と、ガレ自身が知人に語っていたとも言われているように、植物はガレの一生を通して重要な関心事でした。

2G5A9509_LrC1s-.jpg


ガレがテーブルに吹き込んだ「植物の生命」が今も生き生きとここに生き続けているようです。
美術館に行かなくては、なかなか見られないと思います。どうぞガレのテーブルに会いにいらして下さい。

「ナンシー派美術館」を訪れた際に前回書いたブログはこちらからお読み頂けます。
まだ、お読み頂いてない方は、こちらも是非ご覧下さい。
フランス「ナンシー派美術館」
ナンシー派美術館2
ナンシー派美術館3

エミール・ガレの作品たち

2G5A0623_.jpg
 エミール・ガレ(1846~1904)は陶芸・ガラス工芸そして木工芸の三つの領域にいったいどれ程多くの作品を残したのでしょうか。

 私たちが【ガレ】と呼ぶ時、それはあの美しいガラス作品を指すのではないでしょうか。
でもガレはその作家人生の初期の時代には軟質陶器のお皿やカップ、ポットなどの食器や日本の折り紙をモチーフにした置物など個性的な作品を作っています。また、ガラス作品を数多く手掛ける中で「その愛らしい花瓶を載せるテーブルが必要となり、銘木店に出かけ、光を受けて輝く木目の美しさに魅入られた」と彼の日記で打ち明けているのですが、それを機に丁寧な象嵌を施した美しい家具をいくつも作り出してもいます。

2G5A0631_.jpg

それでもやはり圧倒的に多くの作品があるのはガラス作品ですね。
固くてもろい、そして壊れやすい存在のガラスでこんなにも植物の生命力を力強く美しく表現できるなんて!と、いつまでも見入ってしまいます。
「ガレが植物学に対して早くから興味を示していたことは確かな事実だ。幼少のころから、植物界の驚異と固く結ばれていたのである。」とオルセー美術館アールヌーボー学芸員のフィリップ・ティエボー氏は書いてます。そしてこんな話を付け加えています。
「ガレが庭や野の植物を偏愛し、豊富で正確な資料を所持しているわけを知ろうとするなら、彼が遺伝的に幼いうちから、周囲の人々と同様に花に取りつかれていたことを忘れてはならない」と。

2G5A0638_.jpg


そしてそれに続いて書かれている次の部分が私にはとても興味があり、ほほえましい想いです。
「ガレの生まれた家のあるファイアンス通りは、花市場に面していた。彼は家の窓から、ヒヤシンスやクロッカス、ゼラニウムやペチュニアといった花々が植わった鉢が届くのを見るのが好きだった。階段のステップや父方の家のバルコニーを、祖父母や伯母、彼自身、果ては老いた家政婦までが花でいっぱいにするのだった。」
幼い、或いは少年のガレが窓辺にもたれて愛らしい花で満たされた鉢がいくつも通りを渡って運び入れられるのをわくわくして見ている場面は映像として私の中にすんなりと入ってきます。
もしも、作家エミール・ガレの映画かドラマが作られるのなら、是非この1場面を挿入してもらいたいものです!

2G5A0677_.jpg

上の写真はトロイの神話をモチーフにした作品です。
植物の神秘・生命力をガラスの中に移し込んだような作品とは一味違った印象です。可能な限りの技術を用いて、壮大な物語の世界を表現しています。

2G5A0667_.jpg

植物が大好きな私としては、植物、とりわけ地味で小さな花やその実や種を描き出した愛らしい作品に心寄せる思いがありますが、こういったスケールの大きな作品にあらゆる技法で挑むガレの芸術家としての意気込みを感じます。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード