fc2ブログ

瑞龍寺と大安寺の枝垂れ桜

みなさん今晩は。
一昨日の終日降り続いた雨と昨日のひどい風。ようやく風も収まった今日「、桜は散ってしまったかも。」と半ば覚悟をしつつ、豊田市の瑞龍寺と大安寺に桜を見に行ってきました。どちらも枝垂れ桜です。

R22_4293_LrC8-s.jpg

まずは瑞龍寺(ずいりょうじ)から。
この鐘楼門をくぐって入ると、庭いっぱいに枝を広げた樹齢約390年の枝垂れ桜に出会えます。

R22_4313_LrC9-s.jpg

R22_4299_LrC9-s.jpg

もう花は盛りを終えていましたが、この地にずっと根を張り枝を伸ばし、幼木からこれだけの大樹になるまで毎年美しい花を咲かせてきた老樹には、この瞬間が似合う気もしました。
足元に淡い淡い薄桃色の花びらを散らしてそびえる大樹には「厳かなもの」さえ感じます。

R22_4306_LrC8-s.jpg

去年この大樹に会いに来たのは「香嵐渓のカタクリ」を見に来た時でしたから、桜の花は「まだこれからが盛り」の時期でした。今年この時期に、花びらを風に任せて堂々と立ち尽くすこの老樹に会えたのは、それはまた嬉しいことだったと思いました。


R22_4327_LrC8-s.jpg

境内いっぱいに枝を伸ばし、花びらを散らす堂々たる姿の桜と別れて、もう一度鐘楼門をくぐり、石段を下りました。お隣の民家の敷地に咲く

R22_4336_LrC8-s.jpg

こんな愛らしい童女のような桃の花たちに見送られて、大安寺に向かいます。

R22_4345_LrC8-s.jpg

そしてこちらが、大安寺の枝垂れ桜です。樹齢約180年ですから、先ほど会ってきた瑞龍寺の桜の約半分の樹齢です。それでも、私たちの年齢をはるかに遙かに超えた大先輩です。

R22_4394_LrC9-s.jpg

R22_4362_LrC9-s.jpg

清らかに流れる根羽川を挟んで、向かいには山の緑が続いています。

R22_4372_LrC7-s.jpg

川辺に桜が幾本か植えられていて、それらの桜を従えて、優雅にのびやかに咲く枝垂れ桜です。

R22_4393_LrC9-s.jpg

とても樹高があるので、見上げていて首が痛くなるほどです。
瑞龍寺の桜に感じたような「大樹の霊気」のようなものは全く感じません。明るく開けた場所だからでしょうか。この樹だって、180年もの長きに渡ってこの場所に立ち尽くし、色々なことを見てきたことでしょうね。

R22_4379_LrC8-s.jpg

おj地蔵様たちに見送られて帰って来ました。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード